TEL

札幌市東区の「東豊ひふ科」では皮膚科に関する健康相談を行っています。

一般皮膚科

Dermatology

皮膚病に対する理解のために

いろいろな皮膚疾患があり、皆さんの聞いたことの無い「皮膚疾患」も沢山あると思われます。
東豊ひふ科では、「皮膚疾患の理解のために」、「頻度の高い皮膚疾患のカラー写真」を
多く集めたファイルを作成して診断の説明に使用しています。
また、一度聞いただけでは理解しづらい「疾患を解説したパンフレット類」をいろいろ作成して、
皮膚病の理解に役立ててもらっています。
パンフレットはその場で患者さんにお渡ししています。

健康保険適用の皮膚科治療

  • アレルギー性疾患

    接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、急性・慢性湿疹、脂漏性皮膚炎など、種々の湿疹性疾患では、外用剤を主体にして、痒みに対しては、抗アレルギー剤の内服を処方しています。
    蕁麻疹、皮膚瘙痒症などでは、抗アレルギー剤を主体として、治療しています。
    抗アレルギー剤では、「眠気」という副作用を来すことがあります。その程度には、個人差が多いのですが、眠気の来ない抗アレルギー剤を朝に内服し、就寝前に、強い抗アレルギー剤を処方するなど、効果と眠気の程度で、その人に合った薬剤を選択して、処方しています。

  • 皮膚感染症

    • ウイルス性疾患:帯状疱疹、単純性疱疹、尋常性疣贅(イボ)等
    • 真菌性疾患:足白癬(水虫)、爪白癬、頑癬(インキンタムシ)、体部白癬(タムシ)、頭部白癬(しらくも)ガンジダ性間擦疹、ガンジダ性指間びらん症、癜風など
    • 動物性皮膚疾患:疥癬、頭ジラミ、毛ジラミ、トコジラミ、マダニ刺症、虫刺症、毛虫皮膚炎、ライム病など
  • 虫刺され

    蚊や蜂などの昆虫に刺され皮膚に赤みや痒みを引き起こしたりすることが有ります。
    軽いものであれば市販薬で症状が和らぎますが、痒みが強い場合・痛みを伴う場合・腫れが強い場合は専門的な治療が必要になりますので病院への受診をお勧めします。

  • 物理化学的皮膚障害

    やけど(熱傷)、凍傷、しもやけ(凍瘡)、化学熱傷、口焼け等

  • 日焼け

    急激に強い紫外線を長時間浴びると起こるやけどです。
    スキンタイプや浴びた紫外線の強さにより症状は違いますが、痛みが強く日常生活に支障をきたす場合は皮膚科での治療が必要です。
    また、皮膚の過度な日焼けは皮膚癌の原因になりますので気を付けましょう。

  • ニキビの治療

    ニキビの治療法は変化しています。
    以前は、ダラシンTゲルや、そのジェネリック医薬品であるクリンダマイシン・ゲルが治療の主薬でしたが、現在は耐性菌が増加し、ニキビの原因菌であるニキビ桿菌の40%がこの抗生物質に耐性を持っています。現在の治療の主薬は、外用薬としては、ベピオ・ゲルとゼビアックス・ローションです。
    これらの使い分けの説明をしています。
    また、内服薬としてのビタミン剤・抗生物質・漢方薬もあります。ニキビは、跡を残すことのある、「皮膚病」です。きちんと治療しましょう。

  • 魚の目・たこ・イボ

    ウオノメとタコは、特に足底の、関節の盛り上がりのある所などに、慢性的に刺激が加わって出来るものです。
    硬く盛り上がる→さらに刺激を受ける→さらに盛り上がる、という悪循環で悪化します。
    この悪循環を断ち切るために、皮膚科では、盛り上がった皮膚を削る道具があります。皮膚科を受診して下さい。
    予防としては、大きさの合わない靴は履かない、靴の中に柔らかい下敷きを入れる、スポンジのパッドを使う、などの方法があります。
    これに対し、イボは、ウィルス性の伝染病です。足だけでなく、手や頭、その他に、人から人へ伝染して、出現することがあります。イボをただ削ると、ウィルスを栄養する血管が入っているために、出血します。ここが、ウオノメ・タコとの大きな違いです。
    イボウィルスは、軟膏や飲み薬では、治すことが出来ません。
    当院では、綿棒で液体窒素をイボに当てる、冷凍治療を行っています。

  • 診療時間

    9:00 - 12:00

    13:00 - 17:00

    休診日:日曜・祝日/水曜・土曜(午前診療のみ)

  • 駐車場

    ページ上部への矢印

  • アクセスマップ

ページ上部への矢印